RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

日記

松田 彰の日記
松田彰映画サイト
http://tabenomati.main.jp/matu/index.html
Studio AGIRA
http://www.studioagira.jp/
AGIRA ch.
http://www.studioagira.jp/kushikoishi/index.html
ライブ撮影
0
     本日、上間綾乃さんののデビューコンベンションライブを収録。
    もう大盛況です。期待されてるんだなあ。

    それで。
    期待されるだけのライブでした。初めて見たんです。ライブは。
    いいなあ。すごくいい。
    ライブ歴はとても長いらしくて、慣れている印象をうけました。
    MCがなんともいい味をだしていて。
    それでいて美形です。いいよなあ。
    5月にメジャーデビューアルバム発売されるそうです。

    カメラマンは初めての人が多く、クセがわからないので少し多めのカメラ入れました。
    編集してデータ送って、帰宅。

    久しぶりにカメラ前に立ったら、なんか、腰が痛い・・・・。ねむれない。
    | 撮影 | 04:00 | - | - | - | - |
    花井悠希さん PV
    0
       花井悠季さんの『譚詩曲 〜11 stories on Violin』より
      「アヴェ・マリア」PV視聴がスタートしたようです。Full視聴ではないみたいです。

      花井悠希特設サイトのGalleryページより。

      松田
      | 撮影 | 09:16 | - | - | - | - |
      撮影
      0
        本日はPV撮影。

        アーティストさんの、一緒に映像を作り上げようという意欲が伝わってきて、とても良い環境で現場をつくりあげることができた気がします。

        プレイヤーPV撮影の良いところというかお得なところは、プレイヤーの奏でる楽器の生々しい音色が、プルプル頬を振るわせてくれるところ。
        ガイド音に負けない生の演奏は、耳に響きます。
        ボーカルPVでは味わえない醍醐味です。

        聞いた話ですが、アルバムの中のPV撮影を経た曲というのは、プレイヤーの曲への解釈が増して、演奏に一段と魅力を増すということです。
        何度も繰り返し演奏して頂くからか、音源に合わせて演奏するというPV撮影の宿命から解放された、ある意味振れ幅が増す演奏になるからか、理由はわかりませんが、
        1つ言えることは、音源の録音的なクオリティの高さは別にして、演奏に関してはその後のコンサートやライブの方が一段と素晴らしいというのは実感としてあります。
        | 撮影 | 01:36 | - | - | - | - |